セブンアルバイト「レジ打ちの際の接客用語」声を出して練習しよう!

セブンアルバイト「レジ打ちの際の接客用語」声を出して練習しよう!

セブンイレブンのアルバイトでしっかり覚えておくべきことは「レジ打ち」だよね。とにかくレジを打つ回数も多く、多くの作業がレジと関連している。

前回は「レジの基本操作」について書いたので…今回は「レジ打ちの際の接客用語」をポストするよ。レジ打ちの基本操作と接客用語が「レジの基本」となるので、しっかり覚えておこうね。

スポンサードリンク

レジ打ちの際の接客用語

お客様の目を見て笑顔で…

「いらっしゃいませ」(「お待たせしました」)
「110円が一点」「310円が一点」
「ありがとうございます、420円のお買い上げになります」

「500円お預かりいたします」
「80円のお返しです、お確かめ下さい」

「ありがとうございました。また、お越しくださいませ。」

セブンイレブンアルバイト→「レジ打ち」基本操作方法
レジ打ちの基本操作はこちら

「レジ打ちの基本操作」は上の記事を参考にしてね。レジ打ちの基本操作+接客用語の組み合わせが、レジ打ちをする際の基本の形だよ。

一見、簡単なようだけど…

レジ打ちの際のお声かけは、上記のとおり。セブンイレブンによっても特色があるので、もしかしたら「お店によって若干言葉が違う?」かもしれないです。

あなたがアルバイトをしているセブンイレブンの「接客用語マニュアル」とおり、一言一句間違わないように練習しておくと良いね。

接客用語を印刷してもらえればそれを利用し、もらえなければ「メモをして」自宅で練習。ボクはお風呂につかりながら「声を出してシュミレーション」していたよ。

1カ月もすれば「勝手に身に着くけど…」練習しておくと言葉がすんなり出るし、お客様に丁寧に対応できるので喜ばれる。店舗のオーナーさんにも評価されやすいので練習はしておくべきだね。

まとめ

1、レジの基本操作を身につけよう。
2、接客用語を一言一句間違わないように練習しよう。

セブンイレブンのアルバイトを始めて最初は戸惑うことが多いはず。分からないことがあったら「メモをとりながら」教えてもらおう。

あとは教えてもらったことを何度も聞かないように、自宅で教わったことを復習しようね。そうすれば、雰囲気の良いセブンイレブンであればとても大切にしてもらえると思うよ。

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク