セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」←専門店のような旨さかも!

セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」←専門店のような旨さかも!

普段はセブンイレブンの新商品を食べる管理人のカズですが…セブンイレブンに詳しい「セブンくん」のお薦めで「特製ロースかつ丼」を食べてみました。

こちらのチルド弁当はテレビやラジオCM、セブンイレブンの公式サイトでも特設ページを作っているぐらい力を入れているお弁当のようです。

私は「肉々しいお弁当」や「味付けの濃いお弁当」は個人的に苦手なのですが…「特製ロースかつ丼」を食べてみたビックリ、かなりおいしいと思いました。発売日:- 。希望小売価格:554円(税込598円)。カロリー:1個あたり862kcal。

スポンサードリンク

セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」

厚切りのとんかつを玉子と割下でとじたロースかつ丼です。肉のカットなどを工夫し、食べ応えを感じられるよう仕上げました。

セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」←専門店のような旨さかも!2

今は当たり前なのかもですが...レンジでじっくり熱々に温めているのに「この卵のとろとろ感」は凄くないですか?専門店のような「ふわとろ」とは言えないものの「このとろとろ感は凄い」ですよね。

セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」←専門店のような旨さかも!6

カツ丼といえば「そば屋や丼ものの専門店」のだし汁のおいしさも魅力の一つ。専門店のような甘からのだし汁が「玉子とカツ丼の旨み」が混ざり、かなりおいしく仕上がっている。

セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」←専門店のような旨さかも!4

コンビニ弁当などで心配なのは「お肉の固さ」だよね。これだけ「厚みのあるカツ」だと、肉の固さが心配。

カツの肉は「柔らかい」とは言えないものの「噛み切れる」レベルだし、カツに甘からのダシがしみ込みなかなかのおいしさ。コンビニ弁当と考えるとかなりレベルの高いおいしさだよね。

専門店の「衣の一部カリッとした部分」や「肉のジューシーさ」、「玉子のフワッと感」と比べると落ちるものの...全体を通して専門店のようなおいしさは表現できていると思う。見た目も玉子のとろとろ感が表現されていていい感じ。

甘めの割下は、とんかつやご飯との相性も抜群で「管理人カズ」の好みでした。「セブンイレブンが力を入れている弁当」ということに、食べてみて納得しました。

先日食べた「炭火焼牛カルビ弁当」もかなりおいしかったので...新商品だけでなく、人気の定番商品も食べてみる価値あると思いました。

セブンイレブンのお弁当(麺類も含む)レポートも大分増えてきたので「お弁当おいしいランキング」などのコンテンツを作る予定です。

セブン・チルド弁当「特製ロースかつ丼」←専門店のような旨さかも!5

カロリーや原材料は上の写真のとおり。1個あたり、エネルギー:862kcal、たんぱく質:33.2g、脂質:30.0g、炭水化物:115.0g、ナトリウム1.9g。

リピートする・しない?

個人的には「肉々しいお弁当」や「ボリューミーなお弁当」は好んで食べるタイプではないものの「特製ロースかつ丼」はとても美味しかったのでかなり満足できました。

これだけの見栄えの良さとおいしさなので「確実にリピートする商品」ですね。私にとってはちょっとボリューミーなので...たまにリピートする感じになると思う。

次回は「ふんわりたまごのこだわり親子丼」にチャレンジしたいですね。

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク