セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」←結構好きかな

セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」←結構好きかな

以前から金のむすびシリーズは食べてリピートも結構しています。今回たまたま「写真をとろう」と思ったので新商品でもないのですがブログ記事にしてみました。

私の場合は手巻きおにぎりタイプでも「レンジでチン」して食べているので熱を入れることで具材の状態が変わってしまうのでご了承くださいね。

スポンサードリンク

セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」

皮が薄く張りがあり、粒がしっかりしている辛子明太子を中具にしたおむすびです。辛子明太子は昆布と一緒に7日間熟成させて自然でまろやかなうま味を引き出しました。

セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」←結構好きかな3

冒頭でも話した通り、セブンイレブンのおにぎりは「レンジでチン」して食べている。「いくらやすじこ」が具材の場合熱を入れるのはダメですが…それ以外の商品は「多分温めて食べたほうが旨い」です。

まあ、レンジでチンしているから…上の写真のように「海苔のパリパリ感」が落ちてしまう為ここは微妙かな。でも、海苔の質が良いのは食べてみて分かるよね。

パッケージを見てみると「九州有明海産海苔」を使用しているよう。海苔の産地の違いは分かりませんが…通常の手巻き海苔より「海苔が厚くておいしい」というのは分かる。

おにぎりを温めると「むすび飯が旨くなる」「海苔の香りが広がる」メリットがある。

セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」←結構好きかな4

レンジでチンしているので中の具材「辛子明太子」は熱が通っている状態。優しい辛さと明太子のつぶ感、磯の香りがいい感じ。ただし熱が通っているので本来の商品コンセプトと違うものを食べていることになるのかな。

中の具材の明太子に関しては「温めない方がおいしい」かも。でも、御飯が温かいくふっくらとしているし、海苔の香りが広がる魅力があるので私は今後も温めて食べるかな。

金のむすびシリーズは明太子も中々ですが…私的には「炭火で炙った紅鮭」の方がおすすめ。今度写真撮ったらレポートします。

セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」←結構好きかな2

材料やカロリーは上の写真のとおり。エネルギー:186kcal、たんぱく質:6.1g、脂質:0.7g、炭水化物38.8g、ナトリウム:425mg。

リピートする・しない?

セブン金のむすび「昆布熟成・辛子明太子」はもうすでに何度もリピートしている。個人的には「食べやすくてまあまあ好き」だけど…特別お薦めしたい商品というわけでもないかな。

おいしくてお薦めしたい!という商品もあれば、特別お薦めではないけどリピートしやすい商品ってあるよね。今回レポートした「昆布熟成・辛子明太子」は後者な感じのおむすびですね。

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク