セブン手巻寿司「野沢菜納豆巻」←結構うまかったよ!

セブン手巻きずし「野沢菜納豆巻」←結構うまかったよ!

今回は、セブン手巻きずし「野沢菜納豆巻」を食べてみた。ブログレポートでお寿司を扱ったのは「セブン恵方巻き」以来だったと記憶している。

と、はいうものの…セブンイレブンの手巻きずしシリーズは「ほぼすべて食べている」。レポートを書くのが間に合わなかったり・写真を撮るのを忘れたり、そんな理由なんだけどね。

発売日:2016年9月27日。希望小売価格:121円(税込130円)。製造:わらべや日洋(株)。カロリー:1個あたり168kcal。

スポンサードリンク

セブン手巻きずし「野沢菜納豆巻」

相性のよい納豆と野沢菜を組み合わせた手巻寿司です。氷温で昆布と一緒に漬け込んで食感と風味を引き出した 野沢菜に、刻み昆布を加えてさらにうま味を高めました。豆本来の風味を引き出した、風味豊かな納豆です。(1食あたり168kcal)

セブン手巻きずし「野沢菜納豆巻」←結構うまかったよ!3

セブン手巻きずし「野沢菜納豆巻」←結構うまかったよ!4

私は普段からなるべく納豆は食べるようにしている。特別納豆が好きというわけではないけど…たんぱく質は意識してとらないと不足してしまうと考えているから。

年齢を重ねてくるとだんだんと代謝は落ちてくる。私は太る体質ではないけど…若いころと同じような食事をしていると「ほとんどの人は太る」し、「太らないまでもお腹周りが緩く」なる。

更に言うと、年齢とともに筋肉は落ちていくので運動を取り入れないと「ひざ周りなどの関節痛」などに見舞われる原因になってしまう。※筋肉があるとひざ周りのクッションとなり軟骨のすりヘリから来るひざ痛なども抑えることが出来る。

だから、適度な運動は必要だし・筋肉や肌を作るたんぱく質は意識して摂る必要がある。筋肉をつけると代謝も上がるから太る原因も抑えることが出来るからダイエットだけでなく・様々な病気を予防することが出来る。

さて、普段から納豆を食べている管理人カズですが…「たまには納豆巻き食べたいなあ!」なんて思った時に野沢菜入りの納豆巻きがセブンイレブンで売っていたので食べてみた。

納豆巻きは普通に無難においしいけど…今回は野沢菜の旨みやアクセントに期待したんだよね。この商品、野沢菜にきざみ昆布を入れて「旨みを高めている」みたい。

写真を見てもらうと分かる通り「野沢菜はかなり少なめ」の印象を受けた。多分…あまり入れすぎると納豆の存在感が薄くなったり、味付けが濃くなってしまうからだと思う。

正直「野沢菜少なくない?」とは思いつつも…野沢菜の食感やお口の中に優しく広がる旨みには好感をもったよ。納豆も食べい気分だったし、野沢菜のアクセントも楽しめたのでなかなか満足できた商品だったね。

セブン手巻きずし「野沢菜納豆巻」←結構うまかったよ!2

カロリーや原材料は上の写真のとおり。1個あたり、エネルギー:168kcal、たんぱく質:4.6g、脂質:1.5g、炭水化物:34.0g、ナトリウム681mg。

リピートする・しない?

セブンイレブンの手巻き寿司はそもそもあまり食べないのでリピート率は低いと思うけど…納豆巻きを食べたい時は「野沢菜納豆巻」を選択するかな。セブンイレブンに常時置いてあったらたまにはリピートすると思う。

セブンイレブンの手巻寿司ファンの方や新商品を好んで食べる人や納豆巻きが好きな人なら「食べてみるのはあり」だよね。

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク