セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」←うまみや香りがすごいね!

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」←具材たっぷりでうまいね!

セブンイレブンのスープシリーズの虜になったお客さんが続出中らしい?とセブンイレブンの内情に詳しい「セブンくん」から聞いた。当ブログでも絶賛お薦め中のセブンイレブンのスープシリーズだけど…どうやらお客さんからの評判が高いらしい。

売り上げ的にはそれほど高くないようだけど…スープを購入したお客さんからは非常に評判が高く・リピートする人が続出しているということのよう。

セブンイレブンのスープシリーズは「おいしいだけでなく・各スープの個性というか工夫がすごい」ところが魅力だと思う。

今回は重慶飯店監修のスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」を食べてみた。今まで食べた重慶飯店監修の商品は非常においしいことから期待できるスープだよね。

発売日:2016年10月26日発売。希望小売価格:325円(税込350円)。製造:プライムデリカ(株) 厚木工場。カロリー:1個あたり221kcal。

スポンサードリンク

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」

横浜中華街「重慶飯店」監修のスープです。豚挽肉、もやし、にんじん、きくらげ、椎茸、豆腐、生姜、春雨などを加え、花椒や八角で香り高く後引く辛さに仕上げました。【神奈川県庁と横浜Walkerとの連動企画「神奈川盛上げ隊」対象商品】

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」←具材たっぷりでうまいね!2

酸辣湯(サンラータン、スーラータン)は、中華料理(四川料理・湖南料理)のスープのひとつ。酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのあるスープで年間を通して食べられる料理。
参考:ウィキペディア

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」←具材たっぷりでうまいね!4

重慶飯店(じゅうけいはんてん)は、四川料理の老舗として1959年に創業。横浜中華街を始め日本国内で9店舗を展開。そんな重慶飯店監修の料理がセブンイレブンに登場。

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」←具材たっぷりでうまいね!5

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」は、旨みたっぷりで辛みと酸味が楽しめ体の芯からあったまるお薦めのスープ。

原材料は…豚挽肉、もやし、にんじん、きくらげ、椎茸、豆腐、生姜、春雨などたっぷり使用し、野菜のうまみや豚ひき肉の旨み…そして、花椒や八角を加え香り高く不思議な深みのある商品に仕上がっている。

多分、通常は四川風酸辣湯に「パクチーは使わない」と思うけど…この商品にはパクチーが使われ「パクチーがいい仕事をしている」んだよね。所々にパクチーが存在をアピールしているので、ここらへんもちょっと楽しめるかもですね。

ただし、パクチーが苦手な人は「購入しないほうがいいかも」ね。

セブンスープ「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」←具材たっぷりでうまいね!3

原材料やカロリーは上記のとおり。エネルギー:221kcal、たんぱく質:11.0g、脂質:12.4g、炭水化物16.4g、ナトリウム:1.3g。

重慶飯店監修のお粥ご紹介

セブンイレブン「重慶飯店監修・生姜が決め手!中華鶏粥」←抜群にうまいね!

セブンイレブンのスープシリーズは、それぞれの商品に「個性やおまけ」みたいなものが所々に見えて「おいしいだけでなく・それを楽しむこと(私だけ?)」もできるのが魅力。
参考:セブンイレブンのスープシリーズ一覧

さて、重慶飯店監修の商品といえば…「お粥」がめちゃくちゃおいしいと思う。今回ご紹介の「重慶飯店監修・四川風酸辣湯」と同時発売されているので興味があったら食べてみてね。

最後に…このブログを始めて1年ちょっとがたつけど「重慶飯店監修」の商品の発売はほぼ1年ぶりになっている。

ここから予想(勝手に)すると重慶飯店監修商品のリリースは2017年の10月末になりそうなので、興味があったら早めに食べてみてね。
参考:セブンイレブン「重慶飯店監修・生姜が決め手!中華鶏粥」←抜群にうまいね!

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク