ナナコ(nanaco)カードの作り方|セブンイレブン電子マネー

ナナコ(nanaco)カードの作り方|セブンイレブン電子マネー 2

2019年6月23日更新:当ブログのライターである「セブンくん」のお薦めで…今更ながらセブンイレブン電子マネー「ナナコ(nanaco)カード」を作りました。

セブンイレブンやイトーヨーカドーを利用する人は当然として、電気・水道・ガスなどの「公共料金」もnanacoポイントが付くので利用しないのはもったいないですね。

せっかくカードを発行したので「ナナコ(nanaco)カードの作り方」についてポストします。

スポンサードリンク

追記:nanacoポイントの仕様変更

2019年7月1日からnanacoポイント付与率が変更されます。

  • 【変更前】nanacoでの支払い100円(税別)ごとに1ポイント付与。
  • 【変更後】nanacoでの支払い200円(税別)ごとに1ポイント付与。※200円(税別)未満の買い物ではポイントはたまらない。

7payセブンペイ

nanacoポイント付与率の変更と共に、セブンイレブンのバーコード決済「7payセブンペイ」のサービスが2019年7月1日より開始されます。

nanaco単体の使用だと付与率変更の影響をより受けるので…【7payセブンペイ】を使ったほうがお得だしおすすめです。詳しくは上のページを参照してください。

ナナコ(nanaco)カードの作り方

ナナコ(nanaco)カードの作り方|セブンイレブン電子マネー

ナナコカードを発行する場所は「セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ」などの店舗に申込書が用意されています。セブンイレブンならレジ横に設置していることろが多いと思う。

分からなければ、店員さんに聞けば申込書をくれるので「個人情報」を記入すればその場でカードの発行をしてくれます。一度、自宅に持ち帰ってサービス内容を確認する方が良いかも。

通常タイプのナナコカードはクレジットカードではなく「電子マネー」です。入会したら「入金(チャージ)」して利用するタイプのものです。

発行手数料300円(税込)・年間費無料

備考:「nanaco一体型クレジットカード」や「nanacoモバイル」を利用されたい場合はホームページを確認下さい。
nanacoホームページ

入金(チャージ)できる場所

入金(チャージ)は、セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズなどの「レジ」、セブン銀行ATM、ナナコチャージ機で行えます。

セブンイレブンなどのレジでnanacoカードをかざして「例えば1000円チャージして下さい。」といえば、1000円分のチャージをしてくれます。

チャージ単位:1,000円 上限:50,000円(1回のチャージ上限49,000円)

支払いはレジでカードをかざすだけ

ナナコカードを用意して「nanacoで支払います」といって、レジでカードをかざすだけ。ピュリーンという音が支払完了の合図です。

残高が足りない場合は「チャージ」又は、「現金」で支払いできるので、残金の心配をせずに利用できるのも良いところだと個人的には思う。

まとめ

セブンイレブンなどのレジ横に「申込書」があるので「個人情報を記入」して渡せばナナコカードは発行されます。発行手数料300円支払い、入金(チャージ)すればすぐ利用可能となります。

セブンイレブン、イトーヨーカドーを利用している人は当然として、公共料金の支払いにも利用できるのでうまく使いましょう。一部ガソリンスタンドでも利用可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました